硝子体の成分が分解することで発症する

硝子体成分の変性により症状が悪化する

生理的飛蚊症の発症は、硝子体の主な成分の変性が関係していると言われています。変性というのは、成分(栄養素)の構造が崩れてしまい、本来の形や働きを保てなくなるということです。

硝子体の成分は、コラーゲンとヒアルロン酸、そして水分です。

そのうちの99%が水分なので、コラーゲンとヒアルロン酸は、あまり必要性が無いように感じるかもしれませんが、そうではありません。

硝子体の水分を保ち形状と透明度を維持するには、ヒアルロン酸が必要不可欠。

また、ヒアルロン酸が硝子体に安定して存在する為には、コラーゲンが欠かせません。

このバランスが保たれることで、硝子体は正常な状態を維持出来るのです。

ですが、老化現象を始め、体内の酸化や老廃物が増えるなどの影響によって、硝子体の成分が壊れてしまう事が有ります。

ヒアルロン酸が壊れて水分を保てなくなると、ドロドロの液状になってしまいます。

その時、ヒアルロン酸を固定(安定)する役目を担っているコラーゲン繊維が壊れてしまうことがあります。

その壊れたコラーゲンは、ドロドロになったヒアルロン酸の中に浮遊するようになります。
これが、いわゆる飛蚊症の正体です。

コラーゲンは繊維状の組織で網膜に入ってくる光を遮断してしまいます。
その影が見える状態が飛蚊症なのです。

あなたの飛蚊症が、服の繊維に似たホコリのような形をしている場合、それは、眼の中で浮遊しているコラーゲン繊維である可能性が有るのです。

また、より黒くくっきり見える場合は、壊れたコラーゲン繊維が1本ではなく複数集まったものである可能性があります。

まず、直接的な原因は、ヒアルロン酸が寿命を迎えてしまったこと。
一般的に、ヒアルロン酸は、コラーゲンと比べて入れ替わりの早い成分だと言われています。

ヒアルロン酸の代謝スピードに、成分の供給が追いつかなくなる「ヒアルロン酸不足」が原因の一つと考えられます。また、老化によって、成分の入れ替わりに代謝が追い付かなくなってしまう事も原因です。