硝子体に関係した病気と危険性

硝子体の水分が抜け出し、網膜に影響する事もある眼病。

硝子体が変性する事で眼病へと進行してしまう場合が有ります。

その一つが、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)です。

画像のように、硝子体の中の水分が抜け出し小さくしぼんでしまう眼病です。

硝子体は本来、眼球の形状を保つのにとても大切な組織なのですが、このように小さくなってしまうと、いくつかの悪影響がもたらされることが有ります。

  • 組織の分解による飛蚊症
  • 眼球の形状が保てなくなる
  • 網膜剥離を誘発する恐れ

飛蚊症発症のリスクが有る事はもちろんですが、眼球の形状が変化すると、視力が急激に落ちる危険性もあります。

更に、網膜が長い年月を経て硝子体膜と癒着を引き起こしていると、硝子体収縮の途中で網膜を引っ張ってしまうことがあるのです。そうすると、網膜剥離を起こしてしまいます。

網膜剥離になると、失明の危険性が一気に高まります。
取り返しのつかないことにもなりかねません。

単なる飛蚊症だと思っていたら、実は硝子体収縮が引き起こされていたなんて事も無いように注意したいところです。

それではなぜ、硝子体収縮が起こるのかということですが、この原因も老化が大きく関係していると言われていて、高齢者に多い病気の一つです。
きっかけは、生理的飛蚊症と同じように硝子体の組織壊れてしてしまい、硝子体の中の水分を保てなくなることです。

硝子体は、99%が水分であり、その水分を保つ為に存在しているヒアルロン酸が足りなくなってしまい、水分が出て行ってしまうことが大きく関係しています。なので、後部硝子体剥離を未然に防ぐ為には、十分な量のヒアルロン酸が必要となるということです。